ルーヴル

六本木の国立新美術館で開かれているルーヴル美術館展に行ってきた。
2月から開催されており、もうそろそろ入場者が少なくなっているのかなと思っていたら
そうでもなかった。入場するだけで10分くらい並ばされ、中に入ったら人だらけ。
とても絵を鑑賞する雰囲気ではなかった。
人を観に行った様なもんでした。
b0087345_2341742.jpg

[PR]
by SPFYO | 2015-05-23 23:05 | 雑記 | Comments(1)
Commented by desire_san at 2015-06-05 06:44
こんにちは。
私も、『ルーヴル美術館展』を見てきましたので楽しく拝見しました。私は16世紀から西欧では貧しい人々の生々しい現実を生き生きと描いて今に伝えていることに感動しました。

私もルーヴル美術館展で鑑賞した風俗画などの絵画の特徴や魅力を整理し、自分なりの見解をまとめてみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見やご感想など何でも結構ですのでコメントいただけると感謝致します。


<< 柚子 まぬがれた >>