哀愁

北紀行の哀愁漂う寝台列車が相次いでラストランだった。
あいにく、トワイライトと北斗星には乗車した事が無いが、学生時代に大阪から「日本海」という寝台列車に乗った事がある。
当時は、青函トンネルが開通しておらず、青森までであったが、連絡船に乗り換えて函館に到着したときの感動は忘れられない。
社会人になり、効率を求められる出張では飛行機と新幹線ばかりの旅しかできなかった。定年して時間が出来れば寝台列車で旅行をしようと思っていたのだが・・・。
b0087345_2321531.jpg

[PR]
by SPFYO | 2015-03-16 23:22 | 雑記 | Comments(2)
Commented by yamakow-yamakow at 2015-03-20 17:13
寝台列車良いですよね~

学生の頃、東京~大阪間を「銀河」に乗りましたが、
当時、学生寮にいて、
その寮が、体育会系の寮でしたので、1年生の私は「外泊届け」を先輩に提出しなければなりませんでした。
仕方が無いので、宿泊先を「自宅」とか「友人宅」とか書けませんでしたので、
そのまま、「国鉄・銀河」と書いたら
先輩が苦笑していました。笑

追伸
手術、終わりました。
あとは、傷口がふさがるまで、じっとしています。
Commented by SPFYO at 2015-03-22 22:11
当時は、東京から九州各地へ行く寝台特急もいっぱいありましたよね。

寝台列車も確かに宿泊先ですよね。

あんな大きいのが入ってたんですね。驚きです。
<< 連子鯛 NISA >>