老い

ある日の夜、リビングにて。

床に置いていたクッションを踏んずけて足もとが狂い、転びそうになり膝と手をついた。
さらに、立ち上がろうとしたらケツを電話台の角にぶつけてしまった。

それを見ていた娘がポツリと・・・「父さんの老いを感じたわ・・・・・。」


ガ~ン。
b0087345_22382773.jpg

[PR]
by SPFYO | 2014-10-31 22:39 | 雑記 | Comments(2)
Commented by yamakow-yamakow at 2014-11-02 11:11
私も似たようなことがありましたよ。
知らない内に年取っているんですね~。
Commented by SPFYO at 2014-11-03 15:16
いやいや、これぐらいで老いを指摘されたくないです。
<< PIZZERIA ICHIRO... 戯れ事の饗宴 >>