ブラジル産

イタリアのメーカーだがブラジル産だった。
まぁ、よくあることです。中国産よりましでしょ。

製造年と週は、2011年27週が3本、2011年3週が2本で比較的新しいんでしょうね。

まだ長距離の高速走行をしていないが、買い物にちょっと乗った感じでは、
ロードノイズが少し大きくなった。
荒れた道路からの衝撃はや柔らかくなったけど、弾むような感じ。
タイヤにあまり詳しくない親父の交換前のGEORANDER HT-SとPIRELLI P6 Four Seasons Plusの比較なんであてになりませんが・・・。
b0087345_2327689.jpg

[PR]
by spfyo | 2013-03-31 23:30 | | Comments(2)
Commented by yamakow-yamakow at 2013-04-01 18:30
カッコいいじゃないですか~
ブラジル産でも十分ですよ。分からないし。

会社の後輩の乗っている外車は
韓国メーカーのタイヤが標準装備でしたよ。
リミッター無しで220キロ以上出るそうですが、
怖わ~
Commented by spfyo at 2013-04-01 22:29
アジアンタイヤは安くて魅力的ですが、あまり良い話を聞かないので・・・。
韓国タイヤで229キロ出しても大丈夫なの?
突然バーストしそう。
<< 悪戦苦闘? ヨコハマからイタリアへ >>