無くなっている

スズキのエスクードのWebをみたら、価格のところから3.2XSのグレードがなくなっていた。
2.4XG単一になっていた。
去年のマイナーチェンジで2.7Lから3.2Lに排気量が大きくなって販売されていた3.2XSが、1年足らずで販売中止みたいです。

5月はじめ、私が3.2XSを契約したとき、販売店は生産調整と言っていたが、生産中止だったんですね。
小型のエコカーが流行っているし、エコ減税の影響でしょうか、3.2XSは売れなかったんでしょうね。
エスクードを買うなら3.2XSが良いと思ったんですが・・・。(2.4XGでも減税の対象になっていなかったんだが・・・。)
3.2Lのグレードがなくなっただけで、エスクードは売り続けるからOKです。
これで、3.2XSが希少な車になってしまいましたね。私としては、ありがたいんですけど。
エコカーと比べると、燃費が悪いけど年間4000Km(12.5年で50000Km)ほどしか走らない人には金額にしたら、それほど影響なしです。
[PR]
by spfyo | 2009-06-03 21:53 | | Comments(0)
<< 紫陽花 静かなエスクード >>